一番いい炊飯器はどれ?

シェアする

一番いい炊飯器って結局どれなんだろう?

僕が思う”一番いい炊飯器”とは、「とにかく美味しいご飯が炊ける」この一言に尽きます。そんな炊飯器を探しました。値段やデザインは考慮せず、とにかく美味しく炊けると評判の炊飯器を探し、辿りついた答えは、

”炊飯器の価格とご飯の美味しさは関係ない”

安い炊飯器でも、「感動的な美味しさ!」とか、「最近の炊飯器進化し過ぎ!」みたいな口コミは多数あります。僕自身も数年前に象印の炊飯器を買って(一万円以下だったと思います)、その炊飯器で炊いたご飯の美味しさに感動した事を覚えています。

では高い炊飯器はなぜ高いのか?最高級炊飯器にもなれば10万円以上する物もあります。理由は簡単です。

  • 最新のテクノロジーを駆使している
  • 機能をふんだんに盛り込んでいる
  • デザイン性を重視している

大体この3つでしょう。テクノロジーなんて言うと大げさですが、各家電メーカーは日々美味しいご飯が炊けるにはどうすれば良いのか?を徹底的に考え抜いているわけです。その労力と知識と技術の結晶ですから、そりゃ値段も法外に(笑)高くなるよねという当然の理屈です。

機能は使う人によって、必要な機能と不必要な機能があると思いますが、食感を選べたり、おかゆモードだったり酢飯モードだったり、玄米モードだったりいろいろあります。本当に安い機種は、そういった機能を盛り込んでいない、ただシンプルにご飯を炊く事だけを考えた設計になっています。だから安い機種だからってマズいご飯が炊けるわけじゃないんですね(そういう機種もあるかもしれませんが)

最近多いのは、デザインにこだわった機種です。これは家電業界全体に言えることですが、デザイン性を重視し始めています。もうこれ以上機能を高める事が難しくなりつつあるので、そういった部分で他との差別化を図っていくわけですね。

いい炊飯器の選び方

値段の高い炊飯器=一番いい炊飯器ではない事は分かったわけですが、では何を基準に炊飯器を選ぶのかという話になってきます。とりあえず一番重要なのは、炊飯容量(何合まで炊けるか)でしょう。家族構成や食事頻度などを考慮して選びましょう。あとはもう正直使ってみないと分からない部分が多いですね。人それぞれ味の好みも違いますし、使うお米との相性もあります。

結局「一番いい炊飯器は自分で決めるものだ」という結論にたどり着いてしまったわけですが、それではここまで読んでいただいた時間が無駄に終わってしまうので、口コミや世間の声をリサーチした結果、一番いい炊飯器はこれ!と自信を持って言える炊飯器を紹介しておきます。

NP-WT10-BZ

⇒【AMAZON】象印 圧力IH炊飯器 南部鉄器極め羽釜 NP-WT10-BZ
象印 圧力IH炊飯器 南部鉄器極め羽釜

南部鉄器と羽釜という伝統工芸を2つも取り入れてしまった炊飯器です。圧倒的な評判の良さですが、値段もそれなりのものです。とにかく美味しいご飯を炊きたいという方は、これ以上の物はないんじゃないかなと思います。
ヨドバシ.com –  南部鉄器 極め羽釜 のレビュー


三菱 IHジャー炊飯器 備長炭 炭炊釜 NJ-XS104J-R

【AMAZON】三菱 IHジャー炊飯器 備長炭 炭炊釜 NJ-XS104J-R

評判も良く、デザイン性も兼ね備えた機種も紹介しておきます。炊飯器の丸みをそぎ落としたデザインが独創的です。この炊飯器を置いても違和感のないキッチンを有する方にはオススメです。蒸気が出ないので置く場所を選ばないのも特徴です。
ヨドバシ.com –  蒸気レスIH 炭炊釜 ルビーレッド]のレビュー

シェアする

フォローする